mumyou.txt-nifty.com > 光明寺の鐘楼堂(100年ぶりに・・・)

光明寺の鐘楼堂は、昨年11月から修復中です。 そのため、普段では決して見られない内部を写真にとりました。 鐘の重さは、およそ200貫(800Kg)ありますが、 それを木の組み合わせで支えています。 もともと宝暦10年(1760年)に建立されたものですが、 棟札によると、明治45年に一度、修理をしています。 したがって、およそ100年ぶりにその内部を見せたことになります。

修復中の鐘楼全景
下から木組みを見ると
鐘楼堂の屋根をはがしたところ
鐘楼の屋根をはがしたところ
鐘を支えている部分を上から
鐘を支えている部分を下から